1. 長崎BREEZE歌詞

「長崎BREEZE」の歌詞 さだまさし

1985/12/21 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
路面ろめん電車でんしゃまどから
おもかぜように おだやかにいてくる
海風うみかぜはらんだ あじさいいろそら
きみあいしてごしたこのまち

停車場ていしゃじょういくつかかぞえて
やがてゆるやかなカーブ かすかに車輪しゃりんきしんで
づかぬうちにポイントをえていた
あのときもあとでちがえたことにづいた

長崎ながさきBREEZE やさしすぎるかぜ
長崎ながさきBREEZE あのいていた

おきをゆくせんまどのきらめきに
かるいめまいをかん
最后さいご言葉ことばをききとれなかった

たせるのはいつでもぼく
南山手みなみやまてさか途中とちゅう 赤煉瓦あかれんがちいさなみせ
ステンドグラスの窓辺まどべきみはいつも微笑ほほえんだ
るとしんじたひとつならつらくないわ

たがいのあいかたち
本当ほんとうはじめからすこしだけちがっていたんだろう
丁度ちょうど子供こどもがシャツのぼたんのひとつちがえて
最后さいごになってづくようにね

長崎ながさきBREEZE つかれるなんて
長崎ながさきBREEZE おもいもしなかった

よろこびとかなしみはとなりあわせ
あいにくしみは背中せなかあわせ
そんなことにもづかずにいたあのころ

長崎ながさきBREEZE った季節きせつ
長崎ながさきBREEZE すべてがうつくしい

きみ子供こどもいた
きみたひとと
坂道さかみちいますれちがった

長崎ながさきBREEZE やさしすぎるかぜ
長崎ながさきBREEZE あのいていた