1. 雨の夜と淋しい午後は歌詞

「雨の夜と淋しい午後は」の歌詞 さだまさし

1989/1/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
わすれられない ひとがいる
青春せいしゅんのきらめきの彼方かなた
そのひと季節きせつはずれの薔薇ばらのように
いまあざやかにひそやかにいてる

たとえば ああ あめなかれてあるいた
そのひとのがおの ストップモーション
おそらく ああ 一杯いっぱいのスープうような
ささやかなぬくもり もとこいだった

わかれの理由りゆうおもせない
あれほど あつこいらない
そのひとかりぼくわすれても
あのこいわすれることはないだろう

たとえば ああ あめなかあいにくしみが
はげしくきあっていた ストップモーション
おそらく ああ きずつけながら いたわりあった
かなしいくらいしあわせなこいだった

わすれられない ひとがいる
青春せいしゅんのきらめきの彼方かなた
そのひとも どこかでぼくのことを
ふと こんなふうおもすだろうか

たとえば ああ あめよるさびしい午後ごご
あまいたこいの ストップモーション
おそらく ああ きみといういとしいはな
ぼくなかで もうれることはない
ああ あめよるさびしい午後ごご
きみというはな季節シーズン
ああ あめよるさびしい午後ごごは……