1. 雨やどり歌詞

「雨やどり」の歌詞 さだまさし

1977/3/10 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
それはまだ わたし
神様かみさましんじなかったころ
九月くがつのとある木曜日もくようび
あめりまして
こんな素敵すてきかれ
あらわれないかと
おもった ところへ
あなたが あまやどり
すいませんねと
わらうあなたの笑顔えがお
とても凛凛りりしくて
前歯まえばからみぎ四本目よんほんめ
虫歯むしばがありまして
しかたがないので
ったばかりの
スヌーピーのハンカチ
してあげたけど
かさほう
かったかしら
でもさわやかさが
とても素敵すてきだったので
そこはくるしいときだけの
かみだのみ
もしも もしも
出来できることでしたれば
あのひと
一度逢いちどあわせて
ちょうだいませませ
ところがじつ
偶然ぐうぜんというのは
おそろしいもので
今年ことし初詣はつもうでに
わたし晴着はれぎのスソ
んづけて
あっこりゃまた
すいませんねとわら
口元くちもとから虫歯むしばがキラリン
ゆめかとおもって
ほっぺつねったら
いたかった

そんな馬鹿ばかげた
はなしいままで
いたことがないと
ママも兄貴あにきほど
わらいころげるやつらでして
それでもわたし突然とつぜん
口紅くちべになど
つけたものだから
おまえ大丈夫だいじょうぶかと
おでこにをあてた
本当ほんとうなら
つれててみろという
リクエストにおこたえして
五月ごがつのとある水曜日すいようび
かれびまして
自信じしんたっぷりに
紹介しょうかいしたらば
かれ靴下くつしたあながポカリン
あわてて おさえたけど
しっかりられた
でもさわやかさが
とても素敵すてきだわと
うけたので かれ
をよくしてきゅう
もしも もしも
出来できることでしたれば
このひとをおよめさんに
ちょうだいませませ
そのあと わたし
うしなってたから
よくわからないけど
めたら
そういうはなしがすっかり
出来できあがっていて
おめでとうってわれて
一度いちど うしなって
がついたら
あなたのうであまやどり