1. 風に立つライオン歌詞

「風に立つライオン」の歌詞 さだまさし

1987/11/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜん手紙てがみには
おどろいたけどうれしかった
なによりきみ
ぼくうらんでいなかった
ということが
これから此処ここごす
ぼく毎日まいにち大切たいせつ
よりどころになります
ありがとう ありがとう
ナイロビでむかえる
三度目さんどめ四月しがつ今更いまさら
千鳥ヶ淵ちどりがふち昔君むかしきみ
夜桜よざくらこいしくて
故郷ふるさとではなく
東京とうきょうさくら
こいしいということが
自分じぶんでもおかしいくらいです
おかしいくらいです
三年さんねんあいだ
あちら こちらをまわ
その感動かんどう
きみけたいと
おもったことが
沢山たくさんありました
ビクトリア朝焼あさや
100万羽ひゃくまんばのフラミンゴが
一斉いっせいとき
くらくなるそら
キリマンジャロのしろゆき
草原そうげんぞうのシルエット
なによりぼく患者かんじゃたちの
ひとみうつくしさ
この偉大いだい自然しぜんなか
やまいとかいえば
神様かみさまについて
ヒトについて
かんがえるものですね
やはりぼくたちのくに
残念ざんねんだけれどなに
大切たいせつところ
みち間違まちがえたようですね

去年きょねんのクリスマスは
国境近こっきょうちかくのむら
ごしました
こんなところにも
サンタクロースは
やってます
去年きょねんぼくでした
やみなかではじける
彼等かれらいのりと
はげしいリズム
南十字星みなみじゅうじせい 満天まんてんほし
そしてあまがわ
診療所しんりょうじょあつまる人々ひとびと
病気びょうきだけれど
すくなくともこころ
ぼくより健康けんこうなのですよ
ぼくはやはり
てよかったと
おもっています
つらくないとえば
うそになるけど
しあわせです
あなたや日本にほん
てたわけではなく
ぼくは「現在いま」を
きることに
おもがりたく
ないのです
そらいて
落下らっかするたきのように
ぼくはよどみない
生命いのちきたい
キリマンジャロのしろゆき
それをささえる紺碧こんぺきそら
ぼくかぜかって
ライオンでありたい
くれぐれもみなさんに
よろしくつたえてください
最后さいごになりましたが
あなたの幸福しあわせ
こころから とおくから
いつもいのっています
おめでとう
さようなら
Mm… Mm…
Mm… Mm…
Mm… Mm…
Mm… Mm…