1. 風の篝火歌詞

「風の篝火」の歌詞 さだまさし

1979/4/10 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
水彩画すいさいが蜉蝣かげろうよう
きみほそうでがふわりと
ぼくわりにそらいだ
ほたるまつりの夕間暮ゆうまぐ
時折ときおりきみりばめた
土産みやげがわりのまち言葉ことば
からまわまり
大人おとなびたぶんだけとおざかる
きらきらかがやおぼえた
きみ見上みあげるよう
すかんぽのちいさなはな
ほこりだらけでれているよ

不思議ふしぎ階段かいだんよう
おなたかのぼつづけて
言葉ことばいとつむなが
わかれのときちつぶす
きみははかない指先ゆびさき
たどる明日あす独言ひとりごと
くもあいだあまがわ
きみぼくあいだはし
突然とつぜんがる
かぜ篝火かがりび
二人ふたり物語ものがたり
しずかにまく

ふりしきるゆきようほたるほたるほたる
ひか風祭かざまつりのなかすべてがかすみ
すべておわ