1. 風の谷から歌詞

「風の谷から」の歌詞 さだまさし

1995/5/10 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
終着駅しゅうちゃくえきりたら 故郷こきょうにおいがしたよ
すこおそめのさくら便だよりに さそわれて
ふりけばすずおと ふる遍路へんろみち
春霞はるがすみこうで きみるのがえた

かぜたにへようこそ やさしいかぜむら
ゆっくりしていけるかい
ゆっくりしてゆきなよ もう はるだよ

つつじがえたら すぐにほたるいたよ
ひさりにどうだい あゆ一杯いっぱいやらないか
むぎわらぼうがいいね 日焼ひやけした笑顔えがおがいいね
てらほとけさんと にらめっこでもするかい

かぜたにへ おかえり やさしいかぜむら
のんびりしていけるかい
のんびりしてゆきなよ さあ なつだよ

紅葉こうようこうがわに ほらふゆってるよ
谷汲たにぐみさとはもう おどりもわるころだよ
やまこうの夕焼ゆうやけ きっと明日あすれるよ
つぎおどりのころには もうはるだからね

かぜたにへようこそ やさしいかぜむら
きっとまたおいでよ
いつでもっているから ああ ゆきだね
かぜたにへようこそ やさしいかぜむら
ゆっくりしていけるかい
ゆっくりしてゆきなよ もう はるだよ
もう はるだよ
もうすぐ はるだよ