1. 飛梅歌詞

「飛梅」の歌詞 さだまさし

1977/7/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
心字池しんじいけにかかる みっつのあかはし
ひと過去かこふた現在げんざい
はしきみころびそうになったとき
はじめてきみれた ぼくゆび
わせたあときみ神籤みくじいて
大吉だいきちまでと も一度いちどなおしたね
のぼめたらあとは くだるしかないと
くだるしかないと 気付きづかなかった
天神様てんじんさま細道ほそみち

裏庭うらにわけて おいし茶屋ちゃやって
きみがひとつ ぼく半分はんぶん 梅ヶ枝うめがえもちべた
来年らいねん二人ふたりれるといいのにねと
ぼくこえきみこたえられなかった
時間じかんというおもという落葉らくよう
ひろあつめるのに 夢中むちゅうだったねきみ
あなたがもしも とおくへってしまったら
わたしひとんでゆくとった
わすれたのかい 飛梅とびうめ

あるおなよういま はと
東風ひがしかぜ けば 東風吹こちふかばきみ
何処どこかでおもいおこしてくれるだろうか
太宰府だざいふはる いずれにしてもはる