「驛舎」の歌詞 さだまさし

1981/2/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ手荷物てにもつちいさなつつみがふたつ
すこ猫背ねこぜ列車れっしゃのタラップをりて

おどろいたかおぼくつめてるきみ
ゆう一晩ひとばん つづけていた そんなをしてる

故郷こきょうなまりの アナウンスがいま
ホームをつつんで

都会とかいでのことは だれらないよ
はなこともいらない

えきしゃてば それですべてを
わすれられたらいいね

おもすぎるはずの きみ手荷物てにもつをとれば
じろぎもせず ただなみだをこぼすだけ

ざわめきのなかで ふたりだけいきめてる
くちけば くるしみがすべうそもどるようで

季節きせつあいだではぐれた小鳥ことり
時計とけいをかすめて

きはらしたかえってきたことが
きみをもうゆるしてる

えきしゃまでなつかしい言葉ことば
おもせたらいいね

改札口かいさつぐちけたならもう
故郷こきょうはるだから