1. 黄昏迄歌詞

「黄昏迄」の歌詞 さだまさし

1988/3/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
うみ見下みおろすおかうえ
何時いつでもむかかぜいて
そらうみあおおもとが一列いちれつなら

きみあいしていた仔犬こいぬ
あれからおおきくそだって
いまぼくそば一緒いっしょ海鳴うみなりをいてる

黄金色こがねいろなみうえ帆影ほかげがひとつ
ふたつみなとへとかえってゆく

むかしきみ約束やくそくしていた
二人ふたりして年老としおいたならば
世界中せかいじゅうふねまわろうと
きるほど一緒いっしょようと

突然とつぜんうみかえったきみ
いかけてぼくこころかもめになってがる

黄昏たそがれまでかぜかれたい
ぬくもりをなつかしむよう
せてかえなみていたい
いつまでもただよいたい

黄昏たそがれまでうみていたい
ぬくもりをなつかしむよう
せてかえきみていたい
いつまでもいつまでも