「ぼくらの季節」の歌詞 さよならポニーテール

2012/12/5 リリース
作詞
ふっくん
作曲
ふっくん
文字サイズ
よみがな
hidden
間違まちがっていたとしてもこのばしてみたんだ
不器用ぶきようなあの群像ぐんぞう

風向かざむきがわってすこしドキドキした
なにかがはじまる予感知よかんしったのかもしれない

さかうえから見下みおろすうみ一番好いちばんすきだった
自分じぶんさえさがしあぐねたとき自転車じてんしゃりた

間違まちがっていたとしてもこのばしてみたんだ
そうやってあがいてかさなるひかり季節きせつ群像ぐんぞう
ふりかえった街並まちなみにあのころのみんながいるから
すこわらってぼくはまたあるせる

黄昏たそがれそらがココロにはいんで
さみしくなるのはさよならにているからかい?

かえみちのたわいもないわらこえきだった
あてどもないゆめさえねがえばとどきそうながしてた

さきなんてらずに 全力ぜんりょくはしったんだ
懸命けんめいえがいたぼくらの不器用ぶきようなあの群像ぐんぞう
いつかまたえたときにあのころのみんなでいたなら わらいあおう

間違まちがっていたとしてもこのばしてみたんだ
そうやってあがいてかさなるひかり季節きせつ群像ぐんぞう
ふりかえった街並まちなみにあのころのみんながいるから
すこわらってぼくはまたあるせる

それぞれの葛藤かっとうがあってみんな多分言たぶんいわないけど
自分自身じぶんじしんたたかってるんだろう

さきなんてらずに 全力ぜんりょくはしったんだ
懸命けんめいえがいたぼくらの不器用ぶきようなあの群像ぐんぞう
いつかまたえたときにあのころのみんなでいたなら
今日きょうみたいにさ バカみたいにさ わらいあおう