「カナリアの唄」の歌詞 しおり

2008/7/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
魔法まほうをかけられて 目覚めざめた場所ばしょとりかごのなか
さけんでみても こえるはずもなく
はねをばたつかせて いているだけ
だれもいないこの部屋へや昨日きのうまでの自分じぶんをうらやましくおもった

あぁ、ちいさなしあわせがとてもおおきくえた

ながれるなみだのその理由わけしあわせなことにづいたから
まれわってきたとしても おなみちえらぶだろう

となりのあのはいつも さびしいひとみとおくをていた
「このため出来できことなに?」
おもいついたのは カナリアのうた

そう、ぼくうたうた言葉ことばにならないこえ

ながれるなみだのその理由わけしあわせなことにづいたから
まれわってきたとしても おなみちえらぶだろう

あのくちずさむよ づけば大空おおぞらなか

ながれるなみだのその理由わけしあわせなことにづいたから
まれわってきたとしても おなみちえらぶだろう

ながれるなみだのその理由わけしあわせなことにづいたから
まれわってきたとしても おなみちえらぶだろう

ちいさなからだおおきなゆめをのせ 今飛いまとつんだ