1. 春色ポートレート歌詞

「春色ポートレート」の歌詞 しゃむおん

2012/3/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
制服せいふく上着うわぎ
ハンガーにかけて
ぼんやりながめた

さっきまではしゃいで
寝転ねころんでつけた
さくらばな

クラスメイト以上いじょう
境界線越きょうかいせんこえて
きみとははなせないまま

卒業そつぎょうアルバム
すみっこ
ちいさく「きだ」といた

出逢であえてかった
こころからそうおもえるるのかな
まだまだせつないよ
最後さいごならんで
かたった写真しゃしん宝物たからもの
きらきらきらめいた

きながらわらいあう
三月さんがつあおそら
見上みあげたさき旅立たびだとう

いまからあつまろう」
いつものおみせ
あさまでさわごう

おもえばいつだって
だれかがへこめば
だれかがはげましてきた

そろ壁紙かべがみ
春色はるいろポートレート
着信ちゃくしんたびひかった

かえりたくないよ
みんなうたえばそれだけでたのしくて
はやばやとすぎてく
アダ
無限むげんつづくとしんじた三年間さんねんかん
ゆらゆらゆらめいた

いつもなにさがして
あそんであるいたみち
かえらずに旅立たびだとう

あのおなようそら
一筋ひとすじくもはしってく
たのしいことばっかりじゃない
間違まちがいだってかまわない
ひとつずつおもいを未来みらいすすめよう

偶然ぐうぜんどこかで
すれちがってもおたがいにからない
ばらばらになってく
だけどそれでいい
おも写真しゃしんなかめて

出逢であえてかった
いまなら気持きもちを素直すなおえるのに
ただただあいたいよ
最後さいごならんで
かたった写真しゃしん宝物たからもの
きらきらきらめいた

きながらわらいあう
三月さんがつあおそら
見上みあげたさき旅立たびだとう