1. 鳥籠と、少年歌詞

「鳥籠と、少年」の歌詞 じゃっく

2011/9/14 リリース
作詞
砂守岳央(沙P)
作曲
砂守岳央(沙P)
文字サイズ
よみがな
hidden
これは、ゆめだから
いつか、めるから
せめて、ぼく
わらせて、しまおうか
きみを、

とおあめ
よごれたとりひろった
ほほよせたふるえるはね
はじめてったぬくもり

こんなに、よわくて
こんなに、もろくて
こんなに、あつくて
こんなにもちいさな
きみを、まもりたくて

ぼくの、内側うちがわ
きみを、きしめて
きみに、からまって
きみに、かぎをかけて

cage
ぼくが、きみ鳥籠とりかごになうう

ときながれが
れたつばさいやした
かぜそらくも
きみのぞむの
べないぼくのこして

これが、ゆめならば
いつか、めるなら
いっそ、ぼく
じこめて、しまおうか
つみを、おりえて

ぼくの、内側うちがわ
きみの、首筋くびすじ
きみの、脈拍みゃくはく
きみの、吐息といきをとらえ

cage
せない牢獄ろうごくに、なろう

きみからだにぎりしめてく
そっと、だけど、つよ
きみ最後さいごちいさく、くだろう
そしてぼくく、

これは、ゆめだから
いつか、めるから
せめて、ぼく
わらせて、しまうんだ

きみを、
その鼓動こどう

こんなに、よわくて
こんなに、もろくて
こんなに、おろかで
こんなにもちいさな、

cage
永遠とわに、いだ
鳥籠とりかごの、なか