「メテオ」の歌詞 じょん,初音ミク

2012/3/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中まよなか かなでる
時計とけいのつぶやき
チクタクとゆめ
はじまりをげる

凸凹でこぼこまち
ながくもうえ
かすかにひらめく
迷子まいごおとず

ぼくらはきみさがしながらうたうよ
とおおもこえがいつかとどけられるように

ほしながれるよる
北風きたかぜとおりを
びとから便たよりはなく
くるえがくだけ

ほしねがいをせて
あのそらしずかに
ぼくたちはねむりのなかで
しあわせなゆめ

あらたに一筋ひとすじ
雲紡くもつむびる
キラキラ 無数むすう
ひかりまれて

足音あしおと ごえ
だれもが目覚めざめる
いくつのねがいを
今宵託こよいたくすだろう

あなたのことはえなくてもかるよ
とおまちおなあめたれたたずんでる

ほしそそよる
あめおと こえんで
ぼくたちはねむれないまま
かがやそらてた

星屑ほしくず七色なないろ
ざわめきが大地だいちひびいて
みだいた花火はなびのように
そら紙吹雪かみふぶき

外灯がいとうのストロボと
波紋はもんのようにひろがるくも
かぶみず ゆらめくかみ
とりたちのれは

まるで奇跡きせき予感よかん
きたかのような幼子おさなご
つつはは指先ゆびさきふるえている
ぼくはただくし
ぼけながら記憶きおくめぐ
あゆんだ時間じかんのすべてが
ここによみがえったいま
うごした歯車はぐるま
このうばわれるときまで
つよく ただつよく あなたをおもってる

ほしそそよる
北風きたかぜはこんで
ぼくたちはねむれないまま
くるねがうだけ

星屑ほしくずごえ
耳鳴みみなりが最期さいご途切とぎれて
おとのない景色けしきのなかで
わらないゆめ

ほしそそよる
ちいさな両手りょうてにぎれば
ほしとおくのそら
ぼくらのねがいをとどけて
しあわせなあさ