「Sky of Beginning」の歌詞 じん,初音ミク

2012/8/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
それはそれは何処どこかへと
って
緑色みどりいろまたたいて

いつかいつかぼくらでも
とどくのかなってばしてた

かきあつめたおも出全部でぜんぶ
わすれていた好奇心こうきしんひとひとえらってさ

それをなんとかくっつけあって
かたどったあか飛行機ひこうき
でも目立めだっちゃうね
不恰好ぶかっこうだな

保障ほしょうなんかどこにもなくて
だけどぼくらはそらていた
失敗しっぱいばかりかさねてくよ

「もう一回いっかい

みんなみんな何処どこかへと
がっていく
あぁぼくいてかないで

れるれる太陽たいようしずまえ
今日きょうばしてた

どの飛行機ひこうきうらやましいな
かっこいいつばさなんて
ぼくのにはついてないから

だから何度なんど弱気よわきになった
やけになってきらいになった
「こんな陳腐ちんぷ飛行機ひこうきじゃそらべない」

あの日見ひみていたはるかなそら
あわみどりのあの飛行機ひこうき
いまでもむねかがやいているよ

「もう一回いっかい

いていているのかな
ずぶれでさけんだ
「もっとたかばたいて」

それはとてもちいさくて
たよりないけど、あわひかっていた

あめがやんだな」調子ちょうしいや
にじがかかった そらあおいで

もうか あか飛行機ひこうき
アクセルって 羽根はねまわった

まだこわいよ 不安ふあんもあった
まよいもあった だけどわらって

うえいて さぁすすむんだ
さきながいぞ なにえないほど

期待きたいなんかされてなくても
誰一人見向だれひとりみむきもしなくても
それはたしかにぼくらのなか

ひかっていた

そしてそしてぼくたちはがっていく
あわいろかがやいて
いつかいつかぼくらでもとどきそうだと
うえいていく

そして少年しょうねんそら見上みあげた
ひとみ緑色みどりいろかがやいて

いつかいつか
このそら
とどくのかなってばしていた