「デッドアンドシーク」の歌詞 じん

2012/5/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
幻想話げんそうばなし暴走ぼうそう
んだ事故じこ彼方かなたから
単身たんしんぼくいた

反面はんめん彼女かのじょ失踪しっそう
かえした伴侶はんりょ会話かいわ温度おんど
簡単かんたん脳裏のうり憎悪ぞうおになって

その瞬間意識しゅんかんいしき高揚こうよう
とおくなるほどりょう
計算けいさんあたままって

これが「人体組織じんたいそしき変貌へんぼう
えきった配色はいしょくがなんだか
怪物かいぶつじみてないですか

脳汁治のうじゅうおさまらない 細胞さいぼうろうとする
真夏日まなつびえがいた あかしろあお幻想げんそう

解剖かいぼうまみれたってよ

きっときみはまだあのなつ温度おんど
しばられてるんだ

ぼくはまだ正常せいじょうさ」
大丈夫だいじょうぶ君以外きみいがいを××してでも
すぐたすけるから

数年余すうねんあまりの研究けんきゅう
その精度せいど人類進歩じんるいしんぽ
数世紀分すうせいきぶんもの成果せいかになった

幻想理論げんそうりろん究明きゅうめい
あの数奇すうき妙味みょうみ
どうしようもないような
空間くうかんはどうにも厄介やっかいそうで

あれは空想世界くうそうせかい存在そんざい?
物語ものがたりの「中身なかみ」のよう
非現実ひげんじつじみていたんだ

ただ単純科学たんじゅんかがく聡明そうめい
あのときおんなようえがいてやろう
きみと、ぼくのように」

絶対ぜったいゆるさない あかるい未来みらいなら
あのから、もう全部奪ぜんぶうばわれてしまった

存在そんざいたしかめるよう今日きょうもまた

実験じっけんはじめよう カウントダウンで
あのドアを さぁ、もう一回開いっかいひらこうか

「ねぇ。つぎきみばんだよ。
うまくげられるかな?」