1. 夏の終わり、恋の始まり歌詞

「夏の終わり、恋の始まり」の歌詞 すこっぷ,GUMI

2013/6/19 リリース
作詞
すこっぷ
作曲
すこっぷ
文字サイズ
よみがな
hidden
いろめきにぎわうおまつ
勇気ゆうきしてさそってみたんだ
れない浴衣ゆかたのせいかな
かおあつくなっちゃって どうしよう

線香花火せんこうはなびしてるみたいな
めたとき緊張感きんちょうかん
はちきれそうなほどふくらんだ
このおもいがいたいんだ
すぐそこにれられそうな
指先ゆびさき距離きょりがすごくもどかしくなって
どうしよう

あれからどれくらいあなたにちかづくことが出来できたかな
わからない あなたの気持きもちもわからないまま
時間じかんだけながれてって

花火上はなびあがってひかって二人ふたり見合みあって
綺麗きれいだね」ってわらってその笑顔えがおがれて
こいする花火はなびいろどってうつって
ついねがってしまうの
もっともっとちかづきたいな。

うまくはなせているのかな
たのしんでいるのかな
花火はなび合間あいま夜空よぞら暗闇くらやみ静寂せいじゃく
不安ふあんにさせてになってしまうんだ
なんかきそうになって
言葉ことばまっちゃって どうしよう

つたえられなくても
このままでもいいとおもってしまうの
わかるよ あなたはきっと
やさしくわらってもこまってしまうのでしょう

最後さいご花火上はなびあがってあっけなくわって
姿すがたさびしくなってがれて
一緒いっしょにいるとおもいはどんどんつのって
まよったりしたけど
やっぱやっぱつたえたいな。

これまでの毎日まいにちはそれはそれはすごくたのしくって
でもづくとこのままじゃいやになっていたくなって。
もりもったおもむね
ちかづきたいんだ
れてみたいんだ

不意ふい花火はなびがってひかって 「ちょっとって!」
おどろいたかおしてあなたはかえった
なつわり、ひとつのこいうごいた。
いろんなおもいをひとことにせて
いまつたえたいの。

ずっとずっと、きでした。

あなたはやっぱりやさしくわらって