「ねがいごと」の歌詞 そらる

2012/6/6 リリース
作詞
ふわりP
作曲
ふわりP
文字サイズ
よみがな
hidden
あかい あかい ゆうやけぞら
ななめにのびた かげをおう
とおくはなれた ところから
とりたちがくもを わたってゆく

かぜのながれに そうように
きょうもじてんしゃを おしてく
じゃどうにみえる しんごうが
すこし ちかちか まぶしくて

そよぐかわべに うつったぼくのかおは
きのうよりも すこしだけど
やさしいかお してるかな?

はっぱのなくなった かれたなみきが
それでもふくかぜに えだをふるわす
もうすぐゆうひが しずむね
おつきさまが にっこりと
てをふる

ひろばのさきの かいだんに
こしかけて まちをながめる
これでぼくは もういくよと
びゅんと ふゆがふきぬけてった

そらにむかって ひびいた ぼくのこえは
きのうよりも すこしでいい
とおくまで とばせたかな?

ほそいろじうらにも あかりがともり
まんまるいひかりが ぼくらをてらす
ほしがよるを のぼってゆく
たかく たかく ゆっくりと
ほほえむ

いつのまにか ビルのやまも
すこしずつめを そっと とじはじめたころに
えきまでむかえる おやこ
ゆびをにぎって でかけるおとがする

よろこびあうひと

わらうひと

しょげるひと

すがおのまちが

すらり そらをぬけ ゆれてきえる
ぬくもりの のこる よるのおわりに
あすをねがう

たくさんのおもいが のぞみが ゆめが
かたちをつくりだし きおくをかざる
とおくに いってしまっても
わすれないでいるように

きょうも ほら
ぱっ ぱっ ぱっ ひとつ ふたつ
ほら ぱっ ぱっ ぱっ おもいでになる
こうしてきょうも すぎてゆく
おつきさまは にっこりと
てをふる