「キミノメヲ」の歌詞 そらる

2012/6/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きみいたおとひとひとつかきあつめてく
音自体おとじたい正直しょうじき耳障みみざわりでたまらないんだ

昨日きのうからかきらしていたギターはちょっとけなくて
きみりたCDのおと真似まねてたんだ

それでもやっぱりわからないよう
めちゃいられないよ
あふしそうになるコードから
他人ひとにおして

「あぁ、またおなじような雰囲気ふんいききょくになったな」

ほかでもない、「きみ」をにしつづけてつくったうた
だからこのきょくきみのその「きなアーティスト」に
よくているだろ?
ひねりがい」「魅力みりょくい」
どうぞののしってくれてもかまわない

それでもいい
いまは、ただ
きみをこちらにけておきたくて

不思議ふしぎとこのうた
やけに流行はやはじめてて

ぼくのセンスもまだまだ
てたもんじゃないみたいだ

人伝ひとづて興味心きょうみしんあふさまながめて
ぼくはなんだか王様おうさまになったよう気分きぶん

それでもさ、それ以外いがいなんて
もう偽物にせものにしちゃうよう

イカしたナンバーはどうやら
ぼくなかにはいなくて
さぁ、なんかおなじような
きょく今日きょういちゃおうかな

だれでもないひとにしつづけてつくったうた
たね仕掛しかけでさきみのその
きなコードをただひびかせて

「あれでもない」「これでもない」
比較対象ひかくたいしょうならもうかぞれなくて

えられないうずくま
きみがもうどこにるのかもわからないよ

期待きたいしていた
正直自分以外しょうじきじぶんいがいじゃどうにも
ならなさそうなことるんじゃないかな?

そんなことは何一なにひとつもかったけど
にしてたんだよ

ほかでもない
このきょく
僕自身ぼくじしん」をむしったうた

ひねりもない
魅力みりょくもない
下手へたなコードをただかえしてさ

ひたすらにつむ
さけぶようにおもしていた
「なんか素敵すてきだね」

きみこえ
こえたようながして