「晴れた日の教室」の歌詞 それでも世界が続くなら

2015/5/13 リリース
作詞
篠塚将行
作曲
篠塚将行
文字サイズ
よみがな
hidden
ロッカーにねとかれるようなことしたおぼえがない
だれかをきずつけないように にしてたのにな

しゴムでした落書らくがきは おもってたよりも
簡単かんたんえてしまったけど えないものがあった

朝起あさおきた瞬間しゅんかんなみだてきた
あたまいたむねくるしい
今日きょうもニュースのうらないがうるさいな

学校がっこうきたくないな 制服せいふくなんかたくないな
教室きょうしつはいりたくないな だれにもいたくないな
うるさいな どうでもいいよ
まえねよとおもってしまうんだ
がするような れた教室きょうしつ

ロッカーの落書らくがきはそれから 何日なんにち何年なんねん
どんなに時間じかんったあとえないままだった

朝起あさおきてひさしぶりに なみだてきた
あたまいたむねくるしい
今日きょうもニュースのうらないがうるさいな

だれにもたのまれなくても だれかとおな洋服ようふく
だれにもたのまれなくても 空気くうきめるひとになった
大丈夫だいじょうぶ まだ大丈夫だいじょうぶ 一体何いったいなに大丈夫だいじょうぶなんだよ
がするような あの教室きょうしつにまだぼくがいる

だったら あいつらとちが方法ほうほうなぐかえしてやればいいだろ
うるさいな もうどうでもいいよ
まえねよと またおもってしまう
れた教室きょうしつ