1. さよなら人類歌詞

「さよなら人類」の歌詞 たま

1990/5/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
二酸化炭素にさんかたんそをはきだして あのこが呼吸こきゅうをしているよ
どん天模様てんもようそらした つぼみのままでゆれながら
野良犬のらいぬはぼくのほねくわえ 野生やせいちからをためしてる
路地裏ろじうらつきがおっこちて いぬ目玉めだま四角しかくだよ
今日きょう 人類じんるいがはじめて 木星もくせいについたよ
ピテカントロプスになるちかづいたんだよ

アラビヤのふえおとひびく まちのはずれのゆめのあと
つばさをなくしたペガサスが 夜空よぞらにはしごをかけている
武器ぶきをかついだ兵隊へいたいさん みなみにいこうとしてるけど
サーベルのおとはチャラチャラと まち空気くうきよごしてる
今日きょう 人類じんるいがはじめて 木星もくせいについたよ
ピテカントロプスになるちかづいたんだよ

うたわすれたカナリヤ うしわすれた牛小屋うしごや
こわれた磁石じしゃくひろあつめる 博士はかせはマルハゲさ

あのこは花火はなびげて このたのをいわってる
ふゆ花火はなびつよすぎて ぼくらのからだはくだけちる
ブーゲンビリアのしたで ぼくはあのこをさがすけど
つきひかりにじゃまされて あのこのかけらはつからない
今日きょう 人類じんるいがはじめて 木星もくせいについたよ
ピテカントロプスになるちかづいたんだよ

今日きょう 人類じんるいがはじめて 木星もくせいについたよ
ピテカントロプスになるちかづいたんだよ

サルにはなりたくない サルにはなりたくない
こわれた磁石じしゃく砂浜すなはまで ひろっているだけさ

今日きょう 人類じんるいがはじめて 木星もくせいについたよ
ピテカントロプスになるちかづいたんだよ

サルになるよ サルになるよ