「回転木馬」の歌詞 たむらぱん

2007/12/5 リリース
作詞
田村歩美
作曲
田村歩美
文字サイズ
よみがな
hidden
回転木馬かいてんもくばってまわるあたし はかなし
くるくるくるくるくる おな所回ところまわ
だんだんと気力きりょくはらたなくなった
ぎて日々ひびを ただごす努力どりょくをした

冗談じょうだんわないでよ あたしだれ専用せんよう遊具ゆうぐ玩具がんぐじゃないのよ
なんとなくつかれたから
散歩さんぽついでにそのままそっとはなれてらそうと めた

てもなくだだよってるそらはどれくらい自由じゆうですか?
あなたはいま そこでなにてるの? 早回はやまわしのようときなか
いろづいたはなでもいつかちるでしょ?

回転木馬かいてんもくばってまわるあたしは かなし
くるくるくるくるくる おな所回ところまわ
だんだんと魅力みりょくゆめれなくなった
たのにする自分じぶんうとましくおもえて

そら今日きょうれて
あかるすぎる天井てんじょうまぶしそうに見上みあげて
あっちのほうけたらこっちよりもいいかも と
ここからはなれてらそうと めた

だけど
それから幾晩経いくばんたてど意外いがい不自由ふじゆうでした
あたしはねむれぬよるごしながら 早回はやまわしのときかんじていた
いろづけないはなれることもできぬでしょ?

発想はっそうすこえて 回転木馬かいてんもくばりた
そっと見上みあげて ふか息吸いきすった そしてった・・・

てもなくただよってるそら意外いがい不自由ふじゆうでした
そらちがところからてみたら昨日きのうとはちがかおをしていた
明日あしたあたらしいところからあたしをてみよう
いろづけたあたしをて いつか わらえるでしょう