1. 木漏れ日色の記憶歌詞

「木漏れ日色の記憶」の歌詞 ちょうちょ

2012/5/2 リリース
作詞
こだまさおり
作曲
矢吹香那
文字サイズ
よみがな
hidden
ぽつりとつぶやいたのは 本音ほんねともつかないような
こころのすぐ手前てまえでまだ れている戸惑とまど

時々僕ときどきぼくたちは やるせないおもいで なにかをゆるして
むねいたかぜいとしさをっていく

どうしてこんなにわかりたくて
ねえ、どうしてきずついてしまうんだろう
まだすべてが木漏こもなか明日あしたさがしている

たせてしまってるのは わりたい自分じぶんなのかも
きみなにわないけど かんじはじめてるね

その背中せなかをいつか 見失みうしなうとしても きっと大丈夫だいじょうぶ
つないだぬくもりは ひとりじゃない記憶きおく

どうしてこんなにもがいてるのか
でも、こうして無邪気むじゃきわらってもいる
いまがずっとつづいてくさきこたえがつかるかな

どうしてこんなにわかりたくて
ねえ、どうしてきずついてしまうんだろう
まだすべてが木漏こもなか明日あしたさがしている

どうしてこんなにもがいてるのか
でも、こうして無邪気むじゃきわらってもいる
いまがずっとつづいてくさきなつかしくおも
木漏こも日色びいろ記憶きおく