「黄金の月」の歌詞 つじあやの

2004/5/19 リリース
作詞
スガシカオ
作曲
スガシカオ
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくの情熱じょうねついま
ながしたはずのなみだよりつめたくなってしまった
どんなひとよりも上手うま
自分じぶんのことをいつわれるちからってしまった

大事だいじ言葉ことば何度なんどおうとして
いきはムネの途中とちゅうでつかえた
どんな言葉ことばきみつたえればいい
こえはいつも途中とちゅう途切とぎれた

らないあいだにぼくらは
真夏まなつ午後ごごとおやみ背負せおってしまった
その薄明うすあかかりのなか
手探てさぐりだけでなにもかも上手うまくやろうとしてきた

きみねがいとぼくのウソをわせて
6月ろくがつよる 永遠えいえんちかうキスをしよう
そして夜空よぞら黄金おうごんつきえがこう
ぼくに出来できるだけのひかりをあつめて
ひかりをあつめて…

ぼくの未来みらいひかりなどなくても
だれかがぼくのことをどこかでわらっていても
きみ明日あしたがみにくくゆがんでも
ぼくらが二度にど純粋じゅんすいれられなくても

夜空よぞらひか黄金おうごんつきなどなくても