「新しい明日へ」の歌詞 つるの剛士

2010/10/20 リリース
作詞
遠藤幸三
作曲
真崎修
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしみになるまえには あいばれていたもの
ひろあつめたら そらへとばしてみよう
きみをまたらすほしになる

すべてのものはかたちえてつづけている
いまある姿すがたがすべてとおもわないで
かつてのあめは やがてはにじ
そして明日あしたみちびくよ

世界せかいはまだきみなに素敵すてきなものかくまわつづけている
さがたび それが人生じんせいならば
ぼくもいっしょにあるいてみたい

ながれてときかわきらめくひかりからだびながら
いでくのさ
かぜはどんなときだってあたらしい明日あしたいてく

だれかのうたうたこえてる
えきのホーム くら部屋へやなか
わかっているよ とどいているよ
ぼくむね今確いまたしかに……

世界せかいはまだぼくなに素敵すてきなものかくまわつづけている
しんじてるんだ 大人おとなになっても
きみもいっしょにあるいてほしい

やがてだれも辿たどけるまぶしくかがやおおきな海原うなばら
そのときふたりわらいあえたらいいな
あたらしい明日あしたかれて

そしてまたつづいてくきっと
あたらしい明日あした

しんじているよ
しんじているよ しんじているよ