1. 雪の華歌詞

「雪の華」の歌詞 つるの剛士

2015/5/27 リリース
作詞
Satomi
作曲
松本良喜
文字サイズ
よみがな
hidden
のびたかげかげ人陰ひとかげを 舗道ほどうなら
夕闇ゆうやみのなかをキミとあるいてる
つないでいつまでもずっと
そばにいれたならけちゃうくらい

かぜつめたくなって
ふゆにおいがした
そろそろこのまち
キミと近付ちかづける季節きせつがくる

今年ことし最初さいしょゆきはな
2人寄ひとよって
ながめているこのとき時間じかん
シアワセがあふれだす
あまえとかよわさじゃない
ただ、キミをあいしてる
しんからそうおもった

キミがいると どんなことでも
りきれるような気持きもちになってる
こんな日々ひびがいつまでもきっと
つづいてくことをいのっているよ

かぜまどらした
よるこして
どんなかなしいことも
ポクが笑顔えがおへとえてあげる

ちてきたゆきはな
まどそとずっと
りやむことをらずに
ポクらのまちめる
だれかのためになにかを
したいとおもえるのが
あいということをった

もし、キミをうしなったとしたなら
ほしになってキミをらすだろう
笑顔えがおも なみだれてるよる
いつもいつでもそばにいるよ

今年ことし最初さいしょゆきはな
人寄ひとよって
ながめているこのとき時問ときとい
シアワセがあふれだす
あまえとかよわさじゃない
ただ、キミとずっと
このまま一緒いっしょにいたい
素直すなおにそうおもえる

このまちもってく
しろゆきはな
2人ふたりむねにそっとおもえがくよ
これからもキミとずっと…