「まっぴらごめん」の歌詞 とんねるず

1992/7/24 リリース
作詞
秋元康
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
テレビの真面目まじめなキャスター
かおぶれわっても
何年なんねんまえのビデオで
ニュースてるようさ

えりにバッジをつけた
プライドのないあり
ルールをやぶ褒美ほうび
エサをもらっただけ

やすっぽい建前たてまえじゃ
なにわらないだろう
いま ストロボたかれて
したいたかおも すぐにえる

まっぴらごめん
このくにあいしてるけど
おれでできることなんて
なにもない
まっぴらごめん
このくにあいしてるけど
たかが1人立ひとりたがったって
くさったこの大木たいぼく
たおせないさ

どこかのフォークシンガー
みつけられなかった
都会とかいかさは あれから
なにたのか

ずっとあこがれていた
50のほしくに
おしえてくれた腕相撲うでずもう
ひじいためたのか

えすいた道徳どうとくじゃ
だれもついてないだろう
まだチャンスをってた
つぎありが きっとくりかえすさ

バックレようぜ
このくにまもりたいけど
あつゆめ かた場所ばしょ
いまはない
バックレようぜ
このくにまもりたいけど
おまえだけがそんをするのかと
くさったこの大木たいぼく
わらったがした

まっぴらごめん
このくにあいしてるけど
おれでできることなんて
なにもない
まっぴらごめん
このくにあいしてるけど
たかが1人立ひとりたがったって
くさったこの大木たいぼく
たおせないさ