1. 恋人歌詞

「恋人」の歌詞 とんねるず

1993/9/17 リリース
作詞
秋元康
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいご汽車きしゃ
ホームを
わかれのベルがしずかに

見送みおくひと
見送みおくられるひと
さきいたら 相手あいて
かなしませる

できるならば
一秒いちびょうだけでいい
ときまって
しかった

恋人こいびとけないで
はなれてくらしても
このむねおも
わらない
きだから けるなよ
あいつよちから
とおくでも こころ
かれってるよ

まるとびら
ガラスのむこうで
りながら 無理むりわら

こいつづきは
みかけのほん
じるみたいに
このつぎ
えるまで

ちかすぎると
えないなにかが
あかいテールに
えて

恋人こいびとけないで
1ひとりさびしさに
もし ほほなみだ
こぼれても……
きだから けるなよ
あいしんじること
もう なにがあっても
俺達永遠おれたちえいえん

恋人こいびとけないで
はなれてくらしても
このむねおも
わらない
きだから けるなよ
あいつよちから
とおくでも こころ
かれってるよ