1. 歌謡曲歌詞

「歌謡曲」の歌詞 とんねるず

1986/1/21 リリース
作詞
秋元康
作曲
見岳章
文字サイズ
よみがな
hidden
(セリフ)
石橋いしばしです」
木梨きなしです」
「とんねるずです」
(セリフ)
「このきょくをいただいて
はじめて演歌えんかこころ
りました」
(セリフ)
「このきょく
けてます」
ごめんね アチャコ
メンソールの
なが煙草たばこ
ためいきいながら
水割みずわりの
グラスのなか
おとしたおまえのなみだ
いいの
いいのわたし
しあわせなんて
似合にあわないと
手相てそうにまで
ているの
グッバイ マイ
アチャコ
あいしていた そのホクロ
グッバイ マイ
アチャコ あいしていた
おまえのすべて
銀座ぎんざおんな
(セリフ)
「アチャコ」
「アチャコ」
「カムバーック!」
ごめんね アチャコ
テーブルの あかいマッチの
カタカナのみせ
ひと文字もじ
ゆびかくせば
偶然ぐうぜん“じゃあね”と
めた
どうせ
どうせわたし
水商売みずしょうばい
おんなだから
しあわせまで
みずものね
グッバイ マイ
アチャコ
あいしている いまだって
グッバイ マイ
アチャコ あいしている
おまえがすべ
銀座ぎんざおんな
(セリフ)
今一人いまひとりでも
おおくのかたに このきょく
いていいただこうと
(セリフ)
全国ぜんこく八百屋やおや
キャンペーンで
まわっています」
(セリフ)
野菜やさい野菜やさい
ふれあいを
大切たいせつにしています
(セリフ)
ながねぎだったら
けません
紅白こうはくをねらいます」
かないで アチャコ
はやおとこ つけなよ
かないで アチャコ
今夜こんやだけは おくってくよ
西麻布にしあざぶまで