1. 男の羽根歌詞

「男の羽根」の歌詞 とんねるず

1993/9/17 リリース
作詞
秋元康
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
くわえ煙草たばこのけむりが
ちょっとみたみたいに
まゆをひそめて
おれくび

ゆめさせてもらった
やさしすぎるこのまち
くな”とかぜ
めるけれど……

長距離ちょうきょりバスのターミナルで
むほどの荷物にもつもなく
気立きだてのいいおんな
なついた仔犬こいぬ
おれこころのこりさ

おとこには
羽根はねがある
えないけれど
そらんで
どこか とお
っちまうのさ
おれには
羽根はねがある
えないけれど
おな場所ばしょ
いられなくて
また たび

いまじゃ まれたまちさえ
蜃気楼しんきろう彼方かなた
ここでくらした
日々ひびせてゆく

とりづくりのように
やすらぐのもいいかと
やす指輪ゆびわ
おくったけれど

あいというのきした
雨風あめかぜをしのぐよりも
りない人生じんせいだと
世間せけんわれて
わらいながらにたい

おとこには
今日きょうがない
明日あすがあるだけ
まりには
やすまないで
んじまうのさ
おとこには
今日きょうがない
明日あすがあるだけ
おもには
ねむれなくて
また そら

おとこには
羽根はねがある
えないけれど
そらんで
どこか とお
っちまうのさ
おとこには
羽根はねがある
えないけれど
おな場所ばしょ
いられなくて
また たび