1. 18歌詞

「18」の歌詞 とんねるず

1989/5/17 リリース
作詞
石橋貴明
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
18のころは よるのハイウェイとばした
しんじていたものは 粉々こなごなにくだけて
この都会とかいはいつも つらい日々ひびだけのこした
さけびつづけていた いつか時代じだいおれ
AH サイドシートに でっかいゆめを いつもせてた
AH アッシュトレイに むなしい孤独こどく もみしていたぜ
えた口唇くちびるかんで まえだけをていた
ながよるける カギだけポケットにつめて

AH リヤウインドに にがきずだけ うつっているぜ
AH ヘッドライトに うらぎりのかげが ちらついているぜ
ほこりまみれのあせをぬぐっていた
おも扉抜とびらぬける ギヤだけにぎりしめ くさ

AH バックミラーに ぎただけが とびちってくぜ
AH シートベルトに かわいたからだ しばりつけながら
このみち全力ぜんりょくはしることだけを
くことさえも けだとおもったあの