1. adlib歌詞

「adlib」の歌詞 とんねるず

1993/9/17 リリース
作詞
秋元康
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
ハーレムのはずれに
あかい“J”のネオンと
かべせたポスターが
みせ目印めじるし

週末しゅうまつよるには
名前なまえのない“King”が
バーボンでつぶしたこえ
ジャズをおしえてくれた

あのころおれとおまえは
そう いかれていて
あいというドラッグにCRAZY
そろいのTATTOを自慢じまんした

ああ ときなが
もう とお日々ひび
人生じんせいなんて いつでも
あとから おもうもの
ああ ときなが
2度にどもどらない
いて 最高さいこうでも
そのだけの
adlibさ

ぐち階段かいだん
ジャズのきな子供こども
ゆかいた鍵盤けんばん
ピアノ いている

「“King”ならんだ」と
なまりのある英語えいご
このまちわったことを
おれなげいてみせた

かたすぎる椅子いすすわって
ふと じれば
おものセッションに Oh Baby
おまえが スウィングしているよ

ああ ときなが
もう とお日々ひび
きていくことのすべてを
スコアに のこせない
ああ ときなが
いまもなつかしい
あのころを リクエストしても
1度いちどきりの
adlibさ

ああ ときなが
もう とお日々ひび
人生じんせいなんて いつでも
あとから おもうもの
ああ ときなが
2度にどもどらない
いて 最高さいこうでも
そのだけの
adlibさ

そのときのコードで
上手うまく セッションできてりゃ
おれたちは いまでも あい
adlibしてたはずさ