1. はじまりは隣の席でした歌詞

「はじまりは隣の席でした」の歌詞 にゅるズ

2015/5/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
何千回なんぜんかい 何万回なんまんかい そのむねちかってきた?
本気ほんきゆめ かなえるまで

はじまりはとなりせきでした 笑顔えがおやさしくてさわやかで
でもまなざしのおくつよさをめてました

はなせばはなすほどきになる かなえたいねがいがあるとこも
そう いつからか私応援わたしおうえんしてたよ

ただそばにいるだけでなにもできない
だけど 背中せなかそっとしたいから

何千回なんぜんかい 何万回なんまんかい そのむねちかってきた?
はしきみが まぶしいよ
つまずいても いつだってすから
本気ほんきゆめ かなえるまで

だれもいないあさのグラウンド 一人ひとりでいるきみ つけました
ちょっと心配しんぱいなくらい 頑張がんばっているけれど

すこしだけさみしいときもある うし姿すがたばかりていると
ねぇ まばたきの瞬間しゅんかん 見失みうしないそうだよ

特別とくべつなことなんてなにもいらない
いまきみ笑顔見えがおみら れるなら

何千倍なんぜんばい 何万倍なんまんばい そのゆめしんじてきた
ひかあせが まぶしいね
むね鼓動こどう いたいほどかんじるのは
本気ほんきこい 気付きづいたから

ただそばにいるだけじゃ なにわらない
れる こころ めつけるジレンマ

ずっとずっと その背中せなか つめてきた
わたしだって かなえたい

何千回なんぜんかい 何万回なんまんかい この両手握りょうてにぎりしめて
めたねがとどくように
つまずいても いつだってすから
本気ほんきゆめ かなえるまで