「わすれな草」の歌詞 のっこ

1998/10/3 リリース
作詞
のっこ
作曲
川村結花
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜつよくね
おおきくれるえだ
みどりがきらきら
波立なみだ季節きせつ
ベランダの岸辺きしべでは
一緒いっしょにいるだけで
どこへでもべそうね
かぜのせいにして
なにかない
ほら もう日暮ひくれるよ
すみれいろまるそら
木々きぎくろくうねりつづけ
ともしびがひとつ ほしがひとつ
そしてキスを
ひとつよりも
コバルトの世界せかい
岸辺きしべをつつみこむ
足元あしもとれていたよ
あの わすれなぐさ

あなたといる
ほかのために退屈たいくつがあり
なんてころんで
いるうちに
なつふかまってゆく
あせひとつかかずに
おもいドアをひらくと
破裂はれつするような
まぶしさだけが
すべてをねっしていた
あなたへのときめきには
ウソつかず
そのままにした
まるで永遠えいえん
つづくような
このなつあつさのように
コバルトの世界せかい
岸辺きしべをつつむころ
足元あしもとれていたよ
あの わすれなぐさ
すみれいろまるそら
木々きぎくろくうねりつづけ
ともしびがひとつ ほしがひとつ
そしてキスを
ひとつよりも
そしてゆめなか
岸辺きしべうつしこむ
足元あしもとれているよ
あのの わすれなぐさ
足元あしもとれていたよ
あの わすれなぐさ
(Mm mm mm…)