1. ひとひらの歌詞

「ひとひらの」の歌詞 のりぴー,初音ミク

2011/3/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
くびをかけて いききだした
ほほるようなこがらし
あかめられた わたしてのひら
いろえてえた

やがてひとみにご指先ゆびさきからこぼれる ひとひらの
物語ものがたりだけいて 終末しゅうまつ

はなれたまま わかげるなら
わたしいまるのだろう
かなしみのつばさ 彼方かなたんだら
さがしにて ひとり 静寂せいじゃく

さけごえこおりついた
(ひとしずくの なみだのよう)
あなたのこえ くずちた
(ひとかけらの 明日あしたのよう)

そして忘却ぼうきゃくにわ このからだしずめて ひとひらの
ゆめれておぼれた くる

やわらかな真綿まわた 片手かたてめたら
わたしはどこへくのだろう
果敢はかなくえ また形変かたちかえたなら
さがしにて ひとり 純潔じゅんけつ

さけごえこおりついた
(つみれる ひとみのなか)
あなたのこえ くずちた
(うそれる こころのなか)

傷痕きずあと しずかにのこさずかくして
すべてをしろつつみこむひかり
ながながれるときのなかわたし
それでも永遠えいえんねがいの

どうして どうして こぼれる 終末しゅうまつ
わたしは どうして どうして かなしみ
静寂せいじゃく 忘却ぼうきゃく 果敢はかなく
ゆきのひとひら

おもして わたし
あなただけが 過去かこ

さけごえこおりついて
わたしいまるのだろう
あなたのこえ くずちた
わたしはどこへくのだろう

いろのない世界せかい しろいたはな
あなたがるのだろう