「夢みることり」の歌詞 はやや,初音ミク,鏡音リン

2009/6/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆきあかりほのかに つきかげらす
はなびらがあざやかにあかいろづく
ちるしずくが 水面揺みなもゆらしえる
おとぬくもりが二人ふたりつつんで

かりとも小径二人歩こみちふたりあるいてたね
ねぇくちずさむうたまちにまぎれてれて
さかつづ石畳凍いしだたみこごえる素足すあし
どこまでもけるとしんじていたよ

とらわれてたかご小鳥ことり
ばたくときるのでしょうか?
あなたの涙受なみだうめられるなら
もうこのままでもかまわない

やみかぶほたるほのおのようにゆらめく
きりるひとときをまぶたのこして

かげうつ窓辺二人笑まどべふたりわらってたね
ねぇみだれたかみかぜながれてれて
肩寄かたよいあたためる時間じかん
いつまでも一緒いっしょつむいでいたい

心閉こころとざした過去かこのあなたを
すくえるときるのでしょうか?
あなたのいたえられるなら
もうこのままでもこわくないから

とらわれてたかご小鳥ことり
夢見ゆめみときるのでしょうか?
あなたの涙受なみだうめられるなら
もうこのままでもまよわない