1. あの頃の私は。歌詞

「あの頃の私は。」の歌詞 ひいらぎ

2010/10/27 リリース
作詞
恵梨香
作曲
恵梨香
文字サイズ
よみがな
hidden
まわりの反対はんたいって ぱしったこいでした
むしろ相手あいてりにした がむしゃらなこいでした
こいこいするような年頃としごろは とっくにぎてたけど
中学生ちゅうがくせいみたいな恋愛れんあいあこがれてた時期じきでした

あのころはきっと なんなんだろうな きになることきだったのかな?

こいおぼれてしまうような そんな日々ひびごしたかった
ドラマみたいにいかなくても それでもいいから
貴方あなたがいなきゃダメだ」なんて 本気ほんきでそうえちゃうような
そんなこいがしたかったのに のこったものはなんだろうな?

おもかえせばわらっちゃうような 散々さんざん日々ひびでした
便利べんりおんな」をにかいたような そんな存在そんざいでした
それでもしあわせとかんじていた わたしなぐってください
でもなぐられたところでわたしめなかったでしょう

あのころはきっと なんなんだろうな くすという意味履いみはちがえていた

こいおぼれてしまうような そんな日々ひびごしたかった
ドラマみたいにいかなくても それでもいいから
貴方あなたがいなきゃダメだ」なんて 本気ほんきでそうえちゃうような
そんなこいがしたかったのに のこったものは…

やさしさの意味いみらないまま大人おとなになりました
だけどあのときはまったく意味いみなんか必要ひつようなくて

ただ貴方あなたをずっときでいたかったそれだけなんです
だれかをきでいられる自分じぶんめてあげたかっただけなの

こいおぼれてしまうような そんな日々ひびごしたかった
ドラマみたいにいかなくても それでもいいから
貴方あなたがいなきゃダメだ」なんて 本気ほんきでそうえちゃうような
そんなこいがしたかったのに のこったものはなんだろうな?