1. 太陽と陰歌詞

「太陽と陰」の歌詞 ひいらぎ

2012/9/26 リリース
作詞
恵梨香
作曲
恵梨香
文字サイズ
よみがな
hidden
特別とくべつひとになりたくて きっと背伸せのびをしていたんだとおも
わたしじゃなくてもってしまうことなによりこわかった

それでもきみにはなれなくて わたしわたしでしかないから
無理むりをするよりもいまからでも出来できこと

だれかを笑顔えがお出来でき太陽たいようになれなくても
ホッとやすまるかげになろう きみがいつでもれるように
やわらかなぬくもりをあたえられる日差ひざしになれなくても
あたたかさをるためのやさしいやさしいかぜになろう

それはあきらめではなくて むしろみとめることなんだとおも
もっとうならたりまえの ただてなかっただけのこと

一番必要いちばんひつようとしてないのは 自分自身じぶんじしんだったのかな?
かってなかった わたしなりに出来できこと

だれかをかなしみからまもかさになれなくても
すべてをながあめになろう きみいたみもなにもかも
なかたすような美味おいしい料理りょうりになれなくても
そっとらしつづけてるれるれるロウソクになろう

だれかを笑顔えがお出来でき太陽たいようになれなくても
ホッとやすまるかげになろう きみがいつでもれるように
やわらかなぬくもりをあたえられる日差ひざしになれなくても
あたたかさをるためのやさしいやさしいかぜになろう
やさしいやさしいかぜになろう