「始まりの一歩」の歌詞 ひいらぎ

2011/11/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
片付かたづいた部屋見渡へやみわたして やけにさみしい気持きもちになる
弱音よわねきそうになるけど つよにぎりしめた

サヨナラのまえはいつだって むねがギュッとけられる
明日あしたからの希望きぼう不安ふあん かかえながらじた

ろくにねむれずにむかえたあさ
おおきくいきんで してそら見上みあげた

あたらしい一歩踏いっぽふすよ
きっと頑張がんばったぶんだけ むねれる自分じぶんになりたいから
ころんでもがればい そしてまたあるそう
かいかぜかぜにして…

とおまちでの生活せいかつさびしさだけがふくらんでく
あきらめてげたくなるけど このままじゃまだわれない

しそうな孤独こどくよる
おもしていた言葉ことば何度なんどでも勇気ゆうきをくれた

はじまりの一歩踏いっぽふすよ
いつもまえのチャンスを つかみとれる自分じぶんでありたいから
まってまよってもい だけど後悔こうかいしないように
すこしずつでもすすんでこう

あの日描ひえがいた未来みらいいま
ちがってたっていんだ みちひとつじゃないさ

あたらしい一歩踏いっぽふすよ
きっと頑張がんばったぶんだけ むねれる自分じぶんでありたいから
ころんでもがればい そしてまたあるそう
かいかぜかぜにして…