1. 雨夢楼歌詞

「雨夢楼」の歌詞 ひとしずくP,初音ミク,鏡音リン

2012/4/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
はかな言葉ことば
むかえにくよ…っていて」
ときかさ季節きせつめぐっても、まだ
しんじて ってる

はらり ゆき夜空よぞら
ほころびた着物きもの
ふるえるかた
まずしい孤独こどく幼子おさなご

あかるくわらひとみ
うつむうれひとみ
たがいのきずうつして
きることをちかった

宵闇よいやみさそうは 花魁草おいらんそう
あまみつよるちょう
奇麗きれい着物きもの なびかせて
みだれて かせて
だれよりかがや
はなになってせる

ねえ、はかな言葉ことば
「ずっと、一緒いっしょにいようね」
季節きせつめぐって 大人おとなになってもまだ
しんじていいの?
あのからすべて、はじまった
夕暮ゆうぐれにまる約束やくそく
さびしいこころ
気付きづかれぬように
めないゆめおぼれてる

黄昏たそがれにまるまち
人知ひとしれずにこいをした
おもいをげることさえ
かなわずに ただつめる

やさしくわらひとみさき
微笑ほほえむそのはな
ひそやかな 恋心こいごころ
おとをたてて くずれた

おもおもわれが
常夜とこよ調しら
いろなきやみ幻想げんそう
あいサレル”のが“シアワセ”ならば
ワタシは… アナタは…
だれよりずっと しあわせなはずなのに

ああ はかな言葉ことば
むかえにくよ…っていて」
「アイシテイル」と
われるたび
きる価値かちたしかめて
「でも、それなら何故なぜ いますぐに
さらっていってくれないの…?」
げてきた むなしいさけびは
言葉ことばにできず えていった

夜明よあけとともにえていく
偽物にせものあいむくろ
すべてがゆめだったなら…
かないでいられたのに
「いつまでもってるから…」
宵闇よいやみちかった約束やくそく
はかなはなとともに
えた

とお夕暮ゆうぐ
約束やくそく おぼえてる?
二人ふたりならんであるこうね」
きっと、いつか…

ああ はかなえてった
可憐かれんはな初恋はつこい
季節きせつめぐって 大人おとなになっても
なおらない傷跡残きずあとのこして
夕暮ゆうぐれのなつ
かなわない約束やくそくいま
わたしひとり たったひとりで
あてもなく つづける

夕暮ゆうぐれにちかったまま
すべてがゆめだったなら…