「喜びの詩」の歌詞 ひふみかおり

2000/3/2 リリース
作詞
ひふみかおり
作曲
KenjiFuruya
文字サイズ
よみがな
hidden
そらほこたか
見慣みなれたまちあさはこんだ
かぜ木々きぎうた
あめはきれいな
はなかせた
みずたまりだけ
かがやいてる このみち
とりながれを
つめている

ひかりきるものを
わらぬあい
そだてるけれど
いまのこの自分じぶん
たしてなに
出来できるのだろう
おおきなうで素晴すばらしき
そう 世界せかい
かたつかんで
いかけてる
ねがいが いつか
かなうなら
このむね らす
よろこびのうた

ここにまれたこと
そっとめて
くれたでしょうか
つよとうといもの
この両手りょうてにも
めぐるでしょうか
くちせない まよいや
この いたみは
やがてうすれて
ゆくでしょうか
ねがいが いつか
かなうなら
このむね たす
やすらぎのうた

ふかやみ
おそれないように
このなか
あたためよう
いとしいひと
つつめるように
そのしあわせを
いのりながら