「明けない空」の歌詞 ひふみかおり

1999/11/17 リリース
作詞
ひふみかおり
作曲
堤秀樹
文字サイズ
よみがな
hidden
あおざめてく 雲間くもまにそっと
えゆく 光見ひかりみてた
なまぬるい かぜなか あわ
きとおったつきがゆれてた
とおで かたむいた
あたまを わせて
かすかにひびく ためいき
その背中せなか いとしくて
このからだつめたいいたみに
とまどって2人ふたり
自分じぶんよりも
きずつけるまでは
わからなかった
残酷ざんこくあい かかえて
あさってた

真白まっしろやみは いつまでも
2人ふたりつつんでいた
景色けしきだけ
あまりに きれいで
このうでおもかんじた
本当ほんとうねむりたい
すべてを わすれて
おなじにおいに
たったひとつ
その場所ばしょもとめてた
どんなものも
むかえるわりに
とまどって 2人ふたり
ここにいても
なにもないことを
っていながら
とおのまま それでも
あさってた

ためいきと その背中せなか
いとしくて…
このからだつめたいいたみに
とまどって2人ふたり
自分じぶんよりも
きずつけるまでは
わからなかった
残酷ざんこくあい かかえて
あさってた

ゆびゆびを からめて
はだはだつたえましょう
ぬれたまつ キスして
いつも きみ
ゆるしましょう