「バズワード」の歌詞 ひめキュンフルーツ缶

2013/9/25 リリース
作詞
鹿島公行
作曲
鹿島公行
文字サイズ
よみがな
hidden
空前絶後くうぜんぜつごこいをした 世界せかいひかったあの衝動しょうどう
僕等ぼくらかかえてる

わけもなく今日きょういやになって いらない荷物にもつかかえながら
今更説明いまさらせつめいのしようもないくらい いつもの慢性的まんせいてき景色けしき

あるきにくいくつをはいて それなりのレールのっかって
ればほど明日あすした

不甲斐ふがいない世界せかいをののしって 不感症ふかんしょうだらけのこのこころ
明日あした意味いみなど たなくなった
そんな意味いみ大事だいじだった あのころちがっているものは
いったいなんだろう

てがないならばわりもなくて あてがわれた居場所守いばしょまもって
袋小路駅ふくろこうじえき無感情行むかんじょういきの 通勤電車つうきんでんしゃまれ

不平不満ふへいふまん惰性だせいゆられ 憂鬱ゆううつ鬱屈雨霰うっくつあめあられ
未来みらいあきらめた こころかかえてる

世界せかい時々残酷ときどきざんこく僕等ぼくら真上まうえ通過つうかして
きて気持きもちを うばった
明日あすとかゆめとか希望きぼうとか れることがこわくなり
僕等ぼくらながれてる

あの頃抱ころかかえてた さお夢達ゆめたち
素直すなおになれる場所ばしょ 僕等一番光ぼくらいちばんひか場所ばしょ

かかえたものはいつまでも かかえたままではわらない
かされる場所ばしょさがしてる
ある日突然返ひとつぜんかえされる 人事ひとごとになった過去かここと
そこに明日あす希望きぼうがあるなら

世界せかい時々夢ときどきゆめ僕等ぼくら真上まうえひかってる
きて気持きもちの つぼみを
大事だいじ大事だいじにあたためた かかえたものがそれならば
僕等ぼくらゆめ