「ここにあること」の歌詞 ふわりP,初音ミク

2012/3/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
うすちゃけた しゃしんたてに
なかよく ならんだ あのひの すがたを
ふと ひきだしのかぎを あけて
さがしだして ながめていた

ソファーにのぼって わらう
ちいさめの ぼくは まるい せかいから
きっと まどにうつった だれかを
わからずに またわらうだろう

そよかぜ すっと ながれて
よるのねむりにつく きぎを なでてく

くもにかかった つきのねが
とおく とおく ひびいて きえる

うかぶ ほしの かがやきは
すなにかいた えをみる
よぞらに はなしかける
あさが くるまで
きらきらり なかまと
みんなで うたってる

ことりたちの さえずりで
やっと いちにちが せのびを はじめる
さっと てばやく パンをいちまい
くわえながら ぼくははしる

こうして きょうも いつもと
かわらないような ふりして すぎてく

オレンジいろの そらのかげ
ゆらゆら ながく のびる

まちは ゆうぐれを まねて
やわらかく あたたかく
けしきを かざってゆく
しずむ ゆうひを
みおくって ゆっくりと
そらが めをとじる

めをとじたまま そらは ちへいせんを みていた
うごくもの とまるもの そのすべてを みていた

なみのしぶく すがたや もりのさわぐ ことばや
かぜのぬける かわきや ここにある よろこびを

つきあかり ちゅうを まって
きんいろの ひをてらす

すなに えがいた ちいさな もじ

いつか わらえるように
あめのひも はれのひも
やさしく おもえますように

うかぶ まちの かがやきは
だれかの ねがいごとを
だれかが かなえたもの
きょうも もうすぐ
よが あける あたらしい
まちの こえが きこえてくる

ひかりが さしこんでく そらは
いろを とりもどしてく

あさひを うけ くさきも
めを さましはじめてく
そうして うまれる
あしたの ひびを あるこう