1. あめがふれば歌詞

「あめがふれば」の歌詞 ふわりP,GUMI,IA,MAYU

2013/6/5 リリース
作詞
ふわりP
作曲
ふわりP
文字サイズ
よみがな
hidden
(IA) あまあしの ねいろが
でんしゃを かすめて
まどごしの せかいを
ななめに ぼかした
(GUMI) かぜに あおられて
やがて はばたいた
しずくは ひかりを
そこに とじこめた

(MAYU) ゆらぐ
みずたまりを そっと
のぞきこんでみる
かさをさしたまま
(GUMI) ながぐつで とびはねて
いた
おもかげが
(IA) あかりの ほうがくへ
ひろがった

みんな) てゅらら あめふり
こころを あるけば
そらは あたりを
あわく かきだした
かいさつの でぐち
そばに たてかけられた
だれかヘの ぬくもりが
はずんだ

(GUMI) がいとうの オレンジ
くもりぞらの した
とぎれとぎれの かげを
まちに のこした
(MAYU) どろに まみれてく
つまさきの もようは
かたちを くずして
じゃりに かえってゆく

(IA) ゆらぐ
みずたまりを そっと
のぞきこんでみる
かさをさしたまま
(MAYU) みなもに うつりこんだ
ぼくの すがおは
(GUMI) ずぶぬれの ひざをなでて
きえた

みんな) てゅらら あめふり
こころを あるけば
そらは あたりを
あわく かきだした
あまやどりの コンビニで
とけいを みあげる
ジュースを かって
ぼくも かえろう

(IA) コンクリートを つたう
ゆきかう ひとのながれ
(GUMI) ようやく おりたためた
かさを カバンにつめた
(MAYU) かけだして はしゃいだ
こどもたちの すがたは
(IA) むねポケットに たたんだ
ねがいを にじませてく

(GUMI) うすれた くもにかくれ
ゆうひが しずんでゆく
(MAYU) まちのあかりが そっと
そのいろを みおくった
(IA) みずたまりの はもんが
こがねいろに かがやく
(GUMI) あまぐもが とおくすぎて
(MAYU) ほしが またたきはじめた
(IA) しんげつの しろいかぜが
(みんな) まるくまるく つつんだ

(IA) がいろじゅの えだがゆれて
しずくがおちる
(MAYU) つきあかり のびる
ひろばの かいだんに
(GUMI) しゃがんで ふと
ほどうを ながめた
(IA) ガードレールの
むかいに ならんだ
(GUMI) あじさいの はなたちが
(MAYU) ふりつづけた きょうに
(IA) はしゃいで
(みんな) とうめいに かがやいた

(みんな) てゅらら あめふり
こころを あるけば
そらは あたりを
あわく かきだした
まちの あかりが
すこしずつ ねむりにつく
つきのそばで ひとすじ
ほしが よるをかざった
そよかぜが
こみちをなでて ぬけていく
きらめいた
よぞらへと ぬけていった
ビルの すきまから
とけいを みあげる
ジュースを のんで
ぼくも かえろう