「君に最後の口づけを」の歌詞 まじ娘

2015/4/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
えそうなほしながめて
うれいを夜空よぞら
ちる一筋ひとすじねがいは
あわけてえた

きみのいつもの口癖くちぐせ
けずきらいな性格せいかく
となりわらうそのかお
大事だいじにしてたのに

気付きづけば何故なぜえなくなった
きみけた「き」という言葉ことば
こころ何処どこかではあきらめてたのかな
もどれないとってても

二人ふたり過去かこすべこわして
もうぼくなんかきらいになってよ
そしたらきみこといますぐにでも
わすれてしまえるのに

ぼく最高さいこうおも
むねなかにまたかくして
さきえないこのみち
今日きょう一人歩ひとりある

いつしかなにしんじられない
そんな自分じぶんがこの場所ばしょにいた
はなれたくないけどぼくはもうかなきゃ
かえれないとってても

あいした日々ひびもそのぬくもりも
きしめってごしたよる
うそじゃないと自分じぶんかせて
げていたいだけなんだよ

二人ふたり過去かこすべこわして
もうぼくなんかきらいになってよ
そしたらきみこといますぐにでも
わすれてしまえるのに
きみ最後さいごくちづけを
いままで本当ほんとうにありがとう
かさなる二人ふたりおもいは
なみだあじがした