1. 夕暮れ蝉日記歌詞

「夕暮れ蝉日記」の歌詞 まふまふ,IA

2013/6/5 リリース
作詞
まふまふ
作曲
まふまふ
文字サイズ
よみがな
hidden
せみこえこえますか?
ゆめおしえてくれますか?
だいたいどれもうそつきなようで
きみもどこかへ

うつうつころんでばっか
ちいさなうつわあふれて
どこかさみしげな横顔よこがお
「ただそれだけのこと」も
れる なみだにぬれていく

まわる まわる きみかこんで
きなれたあのごえ
きをくれたあの背中せなかさえ
きみだけをかこんであざわら
つづつづ環状線かんじょうせん
わりもらずにゆめうつつ
あの日芽生ひめばえた感情かんじょうさえ
うそだらけの日々ひびえていく

それのおとこえるたび
きみをここからとおざける
いつのにかひとりきりにも
なれてしまったね

ひと一人ひとりじゃきられない」
こまったときの友達ともだち
浮足立うきあしだつキレイゴトにも
「もう散々さんざんなんだよ」
ぽつり雨音あまおとひび

明日あした わたしえるのなら
きみわらってくれますか?」
こらえたなみだがあふれ
耳障みみざわりなほどに無表情むひょうじょう
いて いて そのままいて
わりにづいてちゅうぶらり
らないはずの感情かんじょうでも
みじめな夕焼ゆうや蝉日記せみにっき

夕暮ゆうぐれの きみかくして

せみよ このままもっとつづけて
あのむまでずっと
みんなこえないフリをして
とどかないものだとあざわら
いて いて つかれたら
そのままちて おやすみ
もううごかないがらには
きみ夢見心地ゆめみごこち 蝉日記せみにっき