「サリシノハラ」の歌詞 みきとP,初音ミク

2013/4/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
大抵たいていことじゃくじけない ぼくきみともにある
週末改札しゅうまつかいさつこう 銀河一等星ぎんがいっとうせいかがや

戯言ざれごとなんて無視むししなよ ひとはヒヨリミなんだしょうがない
60兆ろくじゅっちょう細胞さいぼう ×かける きみ快感かいかんせてくれ

あたらしいトビラのまえひとりでさみしくないかな
いっそにたい なんておもってるのかな
それでもきみきだよ どんなによごれた未来みらいでも
かくしたい過去かこがあっても

大抵たいていことじゃくだけない ぼくきみともにあるし
最前列さいぜんれつをふるよ 都内一等星とないいっとうせい笑顔えがお
ないものだって強請ねだりなよ きみ貪欲どんよくなんだしょうがない
60兆ろくじゅっちょう細胞さいぼう ×かける きみあやうさを かしてくれ

ネコミミつけてたきみの フリルのエプロンドレス
嗚呼ああ こいのタメイキは季節きせつえて
どれだけきみがせて 画面がめんにキスしてみても
ただ まじわらない

おもった以上いじょうきみ獲物狩えものかるようなするどつきだ
おもった以上いじょうにそのかたうらおもて少女しょうじょきわめてた
やっときみえたのに がされるまでとき100倍速ひゃくばいそく
さわりたい さわりたいよもう一度いちど きみやわひら

あたらしいトビラのまえひとりでさびしくないかな
いっそにたい なんておもってるのかな
それでもきみきだよ どんなによごれた未来みらいでも かまわないから

ねえ ぼくはここだよ どんなにちいさな存在そんざいでも
きみおかしたあやまちに ころされてしまっても

ここにいるからね