「灰とダイヤモンド」の歌詞 ももいろクローバーZ

2013/4/10 リリース
作詞
只野菜摘
作曲
前山田健一
文字サイズ
よみがな
hidden
ここはどこなんだろう
なにができるんだろう
なぜ まれたのだろう
あたまなかまで しろになってた
でも うごいていた

すすんでいたはず
それなのにどうして
かえ風景ふうけい
だけどよくて どこかちがうよ
きっとわっているよ

成長せいちょうしていくとき
軌道きどう 螺旋らせんのよう
いあがったあと
(いびつないて)
んでみたり
(ジグザグしずむな)
つばさがあるみたい

過去かこよりもたかぶために
助走じょそうつけるために
もどって、そしてはしりだす
閃光ひかり 夜明よあけ リング

みんながテーマをった世界せかい
もしおとえても
ここがきだよとつたえられるはず
また まちがっても

まえにも出逢であったような
記憶きおく、つながったら
言葉ことばがほしいよ
(ほんとうはわかってる)
言葉ことばえるよ
(つぎ次元じげんへの)
あたらしいやりかた

ゆめからめてもゆめ
むねかざれる
たいじなものはおおくはない
あいむすぶリボン

一緒いっしょにいないわたしたちなんて二度にど
想像そうぞうもできないよ
ぶつかりながらも ここにいる奇跡きせき
偶然ぐうぜんじゃない すてきな意味いみがあるんだ

うすまくやぶ
芽生めばえたてのはね
たかかべまえひろげかたもよめず
けれど っていたんだ
なやまえべと
あついアザをのこして
つぎそら めざした

きりれたこうがわ
綺麗きれいごとだけじゃなかった
でもまけないよ
どんなにすごいかぜすなにまかれても

過去かこよりもたかぶために
助走じょそうつけるために
何度なんども うまれかわってる
閃光ひかり 夜明よあ輪廻りんね

はいのなかのダイヤモンド
本物以外ほんものいがいさがせない
生命いのち やしつくすため
一緒いっしょにいまをきていく