1. 惚れた弱み歌詞

「惚れた弱み」の歌詞 やしきたかじん

1997/7/9 リリース
作詞
及川眠子
作曲
川上明彦
文字サイズ
よみがな
hidden
あたしのことは
どうでもかまわない
両手りょうてあわせ
夜空よぞら見上みあげた
ねがいだから
いとしいひと大事だいじゆめ
かなえてあげてよ
不器用ぶきようすぎるこころ
いつも うまくいかなくて
ツキも見放みはなした
そんなおとこだけど
だめになるまで
あんたといようか
そんをするだけの
こいわれても
あたしにとって
このでいちばん
れたよわみだとわらって

いまにてろと
あんたの口癖くちぐせ
ムダなあがき
そううつるけれど
しあわせの意味いみ
もしかれたら
ふたりでいることだと
こたえる
まるで 勝手かってすぎる
うそや わがままでさえ
きしめられたら
ゆるすしかないのさ
だめになるまで
あんたといようか
あたしがてたら
だれひろわない
ゆめしかたぬ
ふざけたおとこ
れたほうがただ けだね

さきえないまま
ちるとこまでちて
波風なみかぜおお
そんならしだけど
だめになっても
あんたといたいよ
そんをするだけの
こいわれても
あたしにとって
このでいちばん
れたよわみだとわらって